名古屋の英会話・英語教室「リアル凸撃体験レポート」

名古屋の英会話スクールや英語の学習法を学びます「飛び込み体験レッスン」の記事は実体験レポートになっています。

MENU

家庭教師型 英会話スクールのメリット・デメリット

 英会話スクールの通い方にはいくつか種類がありますが、家庭教師型の英会話スクールを希望される方も多いと思います。

 

自分の足でスクールに通うことが難しい人、あるいはインターネットの環境を自宅でそろえることが出来ない方。

また、大人数の中で英語を喋るのは恥ずかしいので苦手だな・・・なんて方もいるでしょう。

そんな方々にオススメなのが、家庭教師型の英会話スクールです。

 

家庭教師型の英会話スクールとは一体どのようなものなのでしょうか。

メリットは?デメリットは?

 

これから家庭教師型の英会話スクールで学ぼうと考えている方、もしくは英会話を学びたいけどどの方法がよいのかいまいちまだピンと来ていない方の為に、メリット・デメリットをまとめてみました。

 

まずは簡単にどういったタイプのスクールなのかと言うのを説明しますと、家庭教師型の英会話スクールは呼んで字のごとく、自宅に講師が出向いてくれて英会話を受けることが出来るタイプです。

受ける場所は基本的に自宅ですが、中にはレストランやカフェでも受講OKというスクールもあります。

 

気になる費用ですが、相場はだいたい1時間1,000~5,000円程度。通学型英会話スクールよりは安価ですが、オンライン英会話スクールよりは高いので、中間ぐらいの費用でしょうか。

 

気になるメリット・デメリットですが、下記のようにまとめてみましたので是非参考にして頂ければと思います。

 

○家庭教師型英会話スクールのメリット

 

・1人1人とのコミュニケーションがしっかりと取れる

 

通い型の英会話スクールは講師1人に対して生徒の人数が少なくても5人以上にはなってしまうので、どうしても生徒1人に費やす時間は人数で割られてしまいます。またオンライン英会話スクールになりますと、一対一なので集中的にレッスンを受けることは出来ますが、やはり画面を通してになりますので、コミュニケーションという面で見れば家庭教師型には劣ってしまいます。

 

「インターネットを通しての英会話だと、なんとなく1人で喋っているような感じがして恥ずかしい」

「大人数の中だと積極的に質問が出来ない」

 

と言う方は家庭教師型の英会話スクールがオススメです。上手くコミュニケーションが取れると、自然とレッスンも楽しくなりますよね。楽しく学べると言うことはとても大事なことだと思います。楽しくないと学びたい気持ちも薄れてきてしまいますよね。

 

質問はしっかりしたい!コミュニケーションは大事!

と考えている方は、是非このタイプを選択してみてはいかがでしょうか。

 

・学習レベルを自分に合わせてもらえる

 

「覚えが悪くてレッスンに付いていけなくなってしまった・・・」

なんて声も度々聞かれます。通い型の英会話スクールはクラス全体である程度のレベルは決まってしまいますので、1度つまずくと次からどんどん付いていけなくなってしまうという事が起こってしまいます。

家庭教師型はマンツーマンですので分からない部分は時間をかけて学ぶことが出来ます。苦手な部分をもう少し学びたいと思ったら、リクエストをすることも出来るのです。発言のチャンスはいつでもありますので、疑問点も気軽に質問をすることが出来ますよね。

英語を学ぶことにちょっと自信がないかも・・・と言う方には、家庭教師型の英会話スクールがオススメかも知れません。

 

・講師が固定

 

オンライン英会話スクールは毎回講師が変わりますが、家庭教師型の英会話スクールの教師は固定です。これは通い型のスクールと同じですね。講師が固定ですと、今回はどんな先生だろう?と言う不安感はなくなるでしょう。また回を重ねるごとに打ち解けていき、レッスンの雰囲気も楽しくなると思います。また、講師の方も自分のことを理解してくれるようになるでしょうし、どの部分が苦手なのかというところも把握してくれます。同じ講師からレッスンを受けたいと思っている方は、家庭教師型のスクールも候補として考えておきましょう。

 

○家庭教師型スクールのデメリット

 

・レッスンを受ける曜日は固定しなければならない

 

レッスンを受ける曜日は毎週固定をしなければならないので、そこは学習塾と似たような感覚だと思います。毎週固定の曜日を空けることが難しい会社員の方などにはあまりオススメ出来ないかも知れません。ある程度時間に余裕があったり、予定を調整する事が可能な方であれば問題はないでしょう。

 

・講師がプロとは限らない

 

通い型の英会話スクールでは教えるプロが講師と言う場合がほとんどですが、家庭教師型のスクールの場合はそうとは限りません。なぜかと言うと、アルバイトの講師も多数いるからです。もちろん、アルバイトの講師の全てがプロでないからダメと言う訳ではありません。中には将来英語の教師になる目的でその練習として教えている方もいます。ですが、アルバイトとなりますと正社員程の意気込みを持っていない方も中にはいる場合があります。家庭教師型のスクールを選択するにあたって、そのことは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

家庭教師型の英会話スクールについてなんとなく理解をして頂けたでしょうか。

 

他のタイプのスクールにも言える事ですがもちろんスクールによって差はありますので、自分なりにスクールどうしを比べてみることも大切です。

中にはデメリットをカバーしているスクールもあるでしょう。ただ、デメリットを理解している人としていない人ではスクール選びにも差がついて来ます。また、自分がイメージしていたものと実際のメリットが違う場合もありますので、予め予備知識として持っておくのは必要なことだと思います。

 

英会話をどこまで自分のものに出来るか、またはどれぐらいの期間え習得出来る様になるかと言うのは、自分がどのスクールを選ぶかによっても大きく変わってくると思います。

 

ですが、一番大事なのは自分がどう学びたいか、どの様に学びたいかをはっきりさせてからスクールを選ぶことではないでしょうか。

それについて考える過程で、この内容を役に立てて頂けたらと思います。

 

無料体験レッスンを行っているスクールはたくさんありますので、積極的に参加してみるのも良いでしょう。