読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋(名駅・名古屋駅・栄)の英会話・英語スクール「凸撃体験レポート」

名古屋の英会話スクールや英語の学習法を学びます「飛び込み体験レッスン」の記事は実体験レポートになっています。

MENU

英会話を習う上で日本人講師の良い点は実際の体験レッスンでのまとめ

英語を学ぶ方法

英会話を習う時に、外国人講師と日本人講師どちらが良い?ということを迷ったことがある方は多いのではないでしょうか?

各英会話スクールでは、外国人講師、日本人講師の良さを活かしたレッスンをされています。

 

前回は、外国人講師の良い点をまとめましたので、次は日本人講師の良い点などを体験レッスンを通してわかったことをまとめていきます。

 

一般的に日本人講師が良いとされていること
  • 日本語がわかるので意思の疎通ができるため、レッスン最中が英語のみだったとしても終わってからなどに質問を日本語でできる
  • 文法などをより正確に教わることができる。日本人講師は自分で勉強したことがあるだけに、文法の知識が豊富な人が多い。また、日本語と英語を比較することができる。日本語に存在しないもの、例えば、可算名詞と不可算名詞、時制(特に完了形)、冠詞など、日本語との違いも含めながら指導できる人が多い。
  • 学習者の状況、感情が理解でき、共感を持てる。帰国子女のように幼少に英語習得した講師以外は、自分も英語習得をした経験があるため学習者の気持ちが理解しやすい。日本人にとってどの辺が難しいのかなどもわかっているので、フォローが可能。また学習者が挫折しそうになった時も、自らの経験をもとに、様々な解決策を提案できる。

 

では、体験レッスンを通して、日本人講師について実際はどうか?またどんな方に向いているか?をまとめていきます。

 

日本人講師の方の体験レッスン

外国人講師の方との体験では、私の変な英語表現の場合は、変な顔をされたりや「?」な表情ではっきりとおかしいと表現されてしまいました。

緊張が持てるという点ではいいと思いますが、肩に力が入り硬直してしまいました。

一方、日本人講師の方の場合、時制や文法が変な場合、単語がおかしかったとしても、私が言わんとすることは理解してくださり、力が入ることなくリラックスして話せました。

 

会話の途中、もしくは話が終わってから私の間違っている点を訂正すると共にそれに関連する文法や例文なども含めて他の表現方法なども同時に教えてくださりました。

 

細かなニュアンスや、文法などを日本語で意思疎通ができるという点は日本人講師の方ならではの利点ではないでしょうか。

 

ただ、私の甘えかもしれませんが、英語での表現がわからないとすぐに日本語に頼ってしまいますので、英語のみでコミュニケーションをとる努力を怠ってしまいます。

 

日本人講師の方の体験レッスンを2校受けたところ。どちらの先生も巻き舌を外国人の方以上に強調しているように感じたことです。あえて日本語にはない発音の部分はわかりやすく強弱をつけて発音を意識されていたのかもしれませんが、個人的には発音に関しては気になってしまいました。

 

勉強方法などや、日本人講師の方が英会話を習得するまでに進んできた道などを聞いていると、学生時代から英語が大好きで英語の歌を聴いたり映画を見たりと英語に触れる量を極力多くしていたというお話でした。また、語学の勉強が好きでとことん追求してTOEICや他ケンブリッチ英検などの満点など高得点を常に取る努力をしていたそうです。

 

勉強して習得された結果の出ている日本人講師の方だからこそ、同じ立場で習得方法のアドバイスを聞けるので、学習する上ではいいと思いました。

 

最後に、

基本的な日常会話ができるまでは、文法など細かい点なども含めて日本人講師に教わり、外国人講師の方との反復練習で基礎を作る。

ベースができてからは外国人の講師の方との会話で、英語に慣れるようにする。同時に日本人講師に文法や細かなニュアンスなどは定期てきにチェックする時間作る、この方法ですと外国人講師と日本人講師との良い点をミックスすることで向上につながるではないでしょうか・