読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋(名駅・名古屋駅・栄)の英会話・英語スクール「凸撃体験レポート」

名古屋の英会話スクールや英語の学習法を学びます「飛び込み体験レッスン」の記事は実体験レポートになっています。

MENU

日本人講師と外国人講師どちらに習うのが良い?

目的別のスクール選び

 英語を習う上で日本人講師と外国人講師どちらが良いかと迷ったことはありませんか?

どちらもメリット・デミリットがあると思いますのでそれをまとめてみます。

 

 

語彙を増やして、使い慣れていくことの繰り返しが何より大切ですね。最短コースで使えるようになるには、日本人講師?外国人講師?どちらが良いでしょうか?

 

私の体験と他の方のご意見も一緒にまとめてみます。

 

外国人講師に習うメリット

  1. 発音がいい。
  2. 正確な文法を使いこなすことができ、英語に関しては完璧である。
  3. レッスンそのものが、外国人と話す機会を提供してくれるので、臨場感があり、また外国人との会話に慣れることができる。
  4. 英語だけでなく、実際の文化にも触れることができる。
  5. 日本人の先生だと日本語に頼ってしまうケースがあるが、日本語がわからない先生であると意思疎通をする努力をしようとする

 

日本人講師に習うメリット

  1. 日本語がわかるので意思の疎通が図れる。通常、直説法を使用している所ではレッスン中は日本語を使わないが、レッスンの後に、わからない箇所を日本語で質問できる。
  2. 日本語でこう言う時英語でどう言うのか、という質問ができる。
  3. 文法などをより正確に教わることができる。日本人講師は自分で勉強したことがあるだけに、文法の知識が豊富な人が多い。
  4. 日本語と英語を比較することができるので、日本語との違いなども細かく指導ができる。
  5. 日本人の学習スタイルを理解している。受身の姿勢を持った人が多いことを理解しているので、そのような人でも参加しやすいようなレッスンが提供できる。宿題などの自宅学習サポートもきめ細かくできる。また、日本語が読めるので、書店に売られている英語学習本などにも精通し、それらに関してのアドバイスができる人も多い。 
  6. 学習者の状況、感情が理解でき、共感を持てる。日本人講師は全員経験者であるだけに、学習者の気持ちが理解しやすい。日本人にとってどの辺が難しいのかなどもわかっているので、フォローが可能。また学習者が挫折しそうになった時も、自らの経験をもとに、様々な解決策を提案できる。 

 

外国人講師に習うデメリット

  1. 文法などの細かい部分を説明できない人が多い。これは、日本人が日本語の文法、例えば、は、と、が、の違いを説明することができないのと同じように、母国語として自然と覚えてしまったために、文法の構造をしっかり理解していない人が多いためである。
  2. 学習者の状況、感情をあまり理解していない人が多い。日本の文化や日本人の考え方、やり方を理解していないために、日本人の視点に立つことが難しいのと、さらに、自分で英語を勉強した経験がないので、英語学習者の気持ちが完全にはわからない。そこで、学習者との間に、どうしても温度差が生じてしまう。

 

 

日本人講師に習うデメリット

  1. 日本人なのでつい甘えてしまう。
  2. ネイティブのものほど臨場感が得られない。
  3. 文化的なことや細かいニュアンスを知らない場合がある

 

外国人講師向きの人と日本人講師向きの人どちらもいる

 

メリット・デメリットをみていると、人によって向き不向きがあるようです。

要するに、外国人講師に習ったほうがより多くの利点を得る人と、日本人講師に習ったほうがより多くの利点を得る人がいるということです。

発音に関しては、外国人講師の方が良いように思えますが、子供を除いて、本人がどれだけ発音の練習をするかにかかっていて、講師が外国人であるかどうかはあまり影響ないようです。日本人講師のレッスンであってもCDを通してネイティブの英語を聞きますし、それ以外にもラジオやテレビ、映画などでネイティブの英語に触れるチャンスは豊富にあります。自分がどれだけ触れるかが大切になってきます。

 

 

外国人講師に習うことに向いているタイプ

 

ある程度の英語力があり、外国人と十分に意思の疎通が図れる人。グループレッスンで英語を十分に使いこなせ、レッスンの進行に支障のない人。英語圏の文化をある程度理解していて、積極的に自分からいろいろ質問等ができる人。また、自主性があり、宿題など出されなくても自分から進んでやり、また自分で書店などに足を運んで自宅学習教材を探し、特に先生のアドバイスを必要としないタイプの人。

 

日本人講師に習うことに向いているタイプ

 

基礎力のまだない初心者の人。文法をしっかり覚えたいという人。語彙がまだ少なく、これを英語で何と言うのかなどの質問をたくさんしたい人。自宅学習も含めて、何をどのように勉強すればいいかということをサポートしてもらいたい人。なかなか自分で時間を作ってやるということが難しく、その辺を細かくリードしてもらいたいと思う人。

 

最後に

自分が英会話学習をする上で求めていることや、実際のレベルを知ることが必要のようです。現状の自分の状況が把握できれば自ずと外国人講師と日本人講師どちらが良いかわかるではないでしょうか。