名古屋の英会話・英語教室「リアル凸撃体験レポート」

名古屋の英会話スクールや英語の学習法を学びます「飛び込み体験レッスン」の記事は実体験レポートになっています。

MENU

TOEIC対策で英会話スクールを利用するなら

英語を学びたい目的のなかで、最も具体的でなおかつニーズの多いのが「TOEIC」対策です。

TOEICは現在日本国内で評価されている英語の認定制度です。

そのためたとえば就職時、転職時にTOEICの点数を添付しておけば、点数によってはそれが高評価につながる場合もあります。

直接的に英語力が評価されない就職先でも、TOEICのために頑張って勉強したという証明にもなり、それだけ一生懸命学習する意欲のある人材だとアピールすることも可能です。

また、実践的ではない、とか、対策して勉強をすればそれなりに点が取れる、と言われていますが、これはあくまで外野の意見と考えたほうがいいでしょう。

すくなくともそれだけの勉強をしているわけですし、全くしていない人と比較したらその地力が違うのは当然のことです。

しかし、現実的にTOEICで高得点を得るためには、専用の対策をしたほうが効率がいいのも確かです。せっかくチャレンジするのなら、同じ努力でより高得点を得たほうがいいですよね?

TOEICで高得点を得るための学習法は幾つかありますが、ここでは英会話スクールでTOEICのための勉強をする方法をご紹介しましょう。

 シェーン英会話

高得点をとるためにはボキャブラリーが重要と捉え、ネイティブ講師による指導のもと、新出単語や表現に対して同義語を提示し、意味の繋がりから語彙を増やしていく。リスニングとリーディングに加え、テーマに沿ったスピーキングの練習が組み込まれ、総合的な英語力を身につけることを目指す。回数制の個人レッスンと月謝制の個人レッスンがある。

ボキャブラリー強化を目的とした、ネイティブ講師による指導が中心。単語や表現に関する同義語や、語彙を増やすための学習ができます。

リスニング、リーディングの他にテーマ別のスピーキングの練習ができるのも嬉しいポイント。

指定回数による個人レッスンと、月謝生の個人レッスンのに種類があります

ベルリッツ

TOEICテスト受験対策集中コースでは、多国籍講師による実践的な英語リスニング力が学べます。

直前までの1−2ヶ月間を、全編英語によるクラスとし、日本語を使わないスピーディーなレッスンを実施。

専門のカウンセラーが弱点克服のためのサポートをしてくれるのが特徴です。


NOVA

NOVAの特徴的なコースが「大学生向けコース」です。

準備クラスは目標スコアが650点、実践クラスは目標スコアが800点と、現在のスキルに合わせてクラスをチョイス可能。

マンツーマン指導コースは月謝生で、固定とフリープランから選択できます。

だし学生向けコースという名前になっていますが社会人の受講も可能です。

ECC

TOEIC Test短期集中コース」を受講すれば目標スコアを最短3ヶ月で目指すことが可能。スコアアップ保証制度という制度があり、これを使えば目標スコアがクリアできなかったら、条件付きながら1タームを無料で受講できます。

毎回小テストを実施して、語彙・文法・構文をがべます。

8人までのグループ制での受講となり、「TOEIC Test対策コース500対策・600対策・700対策・800対策」も用意されています。

COCO塾

COCO塾の特長は日本語講師によるレッスンにあります。TOEICを狙うのであれば、より繊細に指導できる日本語講師のほうが良いという判断なのでしょう。リスニングや文法などリーディング対策に力を入れています。

「テスト650点ナビ」という学習法ではTOEIC問題への徹底的な対策や、文法、長文読解のテクニックを習得。

レッスンはECC同様8人までのグループです。その方かに定員3人のセミプライベートレッスンコースも用意されています。



AEONイーオン

イーオンのTOEIC対策コースは、目標スコアがクラス別に異なります。

500点、600点、700点と別れていて、テキストとCDを使うためクラス中はもちろん、自宅での学習も可能となっています。

講師は高得点の実績を持っている日本人が受け持ち、レッスンの終わりにはもし形式のテストも受けることが可能です。

 

ざっと大手英会話スクールのTOEIC対策クラスの得と腸をご紹介しておきました。

ここで紹介した以外にも、名古屋地元密着型スクールでTOEIC対策を教えてくれるところもいくつかあります。

名古屋のTOEIC対策クラスは、順次またご紹介していきますね。